鎌倉病院

整形外科のご案内
整形外科では骨粗鬆症、関節痛・腰痛、骨折、捻挫など、整形外科専門医による整形外科全般の保存的治療および手術的治療を行います。
「痛み」は、他人には理解されにくい症状であり、痛みを感じているご本人はより苦しい思いをするものです。
さらに、痛みを抱えている事は当事者にとって大きなストレスであり、精神的な影響が出てくる事も少なくありません。
痛みの原因を正しく診断し、様々な対処法の中から患者さんに合った方法を選択し解決を目指します。


外来診察担当医師

整形外科常勤担当医師紹介

院長

三松 興道

専門分野
脊椎、関節、骨粗鬆症
経歴
昭和61年 東京医科大学卒
学位:医学博士
大船中央病院 元副院長、前整形外科部長
専門医
日本整形外科学会専門医
リウマチ専門医
脊椎脊髄専門医

名誉院長

泉 清高

izumi
専門分野
整形外科一般
経歴
昭和50年 順天堂大学卒
山梨県立中央病院
東京労災病院
専門医
日本整形外科学会専門医
リウマチ専門医
スポーツ専門医

整形外科部長

松村 卓洋

専門分野
外傷、脊椎、腫瘍、手の外傷
経歴
昭和63 東京医科大学卒
大船中央病院 前整形外科副部長
専門医
日本整形外科学会専門医
脊椎脊髄専門医

高山 文治

専門分野
脊椎疾患、肩関節疾患、スポーツ疾患
経歴
平成12 福島県立医科大学卒
学位:医学博士
専門医
日本整形外科学会専門医
脊椎脊髄病医
運動器リハビリテーション医
日本スポーツ協会 スポーツドクター
日本脊椎脊髄病学会
日本肩関節学会
日本骨粗鬆症学会

             

整形外科非常勤担当医師紹介

井上 馨

専門分野
整形外科一般
経歴
昭和61年 山梨医科大学卒
専門医
日本整形外科学会専門医
脊椎脊髄専門医

整形外科で行う主な検査

レントゲン検査

短時間で骨の全体像が確認できます。骨折の箇所や状態などをいち早く認識することができます。

MRI(磁気共鳴画像)検査

MRIとはMagnetic Resonance Imaging の略語で、MRI検査は強力な磁石でできた筒の中に入り磁気と電波の力を利用して、体の情報(臓器や血管)を解析して画像化することができます。磁力を使って検査するため被爆がありません。撮影の際はベッド(検査台)に寝た状態で行われます。検査時間は検査の部位や目的によって異なりますが、約30分~1時間程を要します。ペースメーカーや人工内耳など体に金属がある場合は、撮影できない事があります。

CT(コンピューター断層撮影)検査

CTはComputed Tomographyの略語で、X線を利用し体の内部を断面としてとらえ、画像化することができます。画像処理を行うことにより、身体の細かな情報を得ることが可能です。撮影の際はベッド(検査台)に寝た状態で、筒の中に入り検査を行います。検査時間は部位や目的によって異なりますが、5分~10分程度です。

骨塩定量検査(骨密度)

骨に含有されるカルシウム等のミネラル成分の量を測定する検査です。骨粗しょう症や代謝性骨疾患を診断する際に役立ちます。骨の健康状態を数値化する事により、骨量の減少を早期に発見し、適切な予防や治療を行うことが可能です。 
・骨折してしまう前の骨減少症や骨粗しょう症の発見
・将来骨粗しょう症になってしまうリスクの予測
・定期的な測定による骨量減少速度の評価・治療の有用性、もしくは無効性の証明(治療評価)

脊髄腔造影検査(ミエログラフィー)

様々な原因による脊柱管内の神経組織の圧迫や狭窄の位置や程度を評価するものであり、現在の脊椎脊髄病疾患の病態把握や今後の治療方針を決定するために必要な検査です。