鎌倉病院

病院理念
笑顔と真心の奉仕、安心と信頼の医療

基本方針
1 私たちは患者様の権利と尊厳を守ります。
2 私たちは患者様の目線で笑顔と真心のこもったチーム医療をご提供します。
3 私たちは安全且つ安心できる質の高い医療をご提供します。
4 私たちは最新の医療を提供するため、常に学び向上し続けます。
5 私たちは永続的に医療を支えるため、次世代の医療人の育成に努めます。


病院名(法人名)
一般財団法人 鎌倉病院

所在地
〒248-0016 鎌倉市長谷3丁目1番8号

電話番号
0467-22-5500

FAX番号
0467-22-5502

設立:明治32年

延床面積:3,682㎡

従業員数:162名

診療科目
整形外科・内科・皮膚科・リハビリテーション科

病床数
一般病棟 30床
地域包括ケア病床30床
療養病床 25床(休床)
合計 85床

一般入院基本料(10:1)
療養入院基本料(13:1)
地域包括ケア病棟入院料Ⅱ
診療録管理体制加算Ⅱ
データ提出加算
看護配置加算
看護補助加算
短期滞在手術等基本料Ⅱ
運動器リハビリテーション料Ⅰ
脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅲ
廃用症候群リハビリテーション科Ⅲ
薬剤管理指導料
CT撮影及びMRI撮影
二次救急指定医療機関
労災指定医療機関
生活保護法指定医療機関

入院相談窓口
所属部署:患者相談室
担当者:患者相談室 一色 広昌
問合せ時間:月~金 9:00~17:00
問合せ時間内でご連絡下さい。

交通手段
JR鎌倉駅よりバス15分「大仏前」下車徒歩1分、または江ノ電長谷駅より徒歩10分

鎌倉病院の沿革
創立者 岡本武次は紀州和歌山の人で若くして華岡塾に学んだ。
明治12年(1879年) 旧藩主の命により上京、語学を研鑚した後、東京大学医学部に入り
明治23年卒業、同期には土肥慶蔵、宮入慶之助等の名がみられる。
明治25年 現、日本橋三越の近くに日本橋病院を開設し、隆昌を極めた。
明治32年(1899年) 当時の内務省医務局長、中浜東一郎との共同経営で現在地に
鎌倉病院を開設し、日本橋病院の分院として多くの結核患者を収容した。
今を去ること百十余年の昔である。因みに、中浜東一郎は「万次郎漂流記」の
ジョン万次郎の長男であり、明治14年東大医学部卒、森鴎外とは同期である。
**** 以下、時代順に沿革を箇条書きに記す。 ****
大正11年(1922年) 岡本武美、二代目院長となる。
大正12年 関東大震災により日本橋病院焼失。鎌倉病院も多大の損害を受ける。
大正15年 損害を受けた建物を取り壊し木造二階建ての瀟洒な診療室と病棟が完成。
昭和21年 三代目院長、岡本義利、復員し診療を再開する。
昭和24年(1949年) 財団法人鎌倉病院となる。理事長に岡本義利就任。
昭和28年 震災以来の建物を取り壊し新しい木造の病棟完成。
昭和30年 木造本館完成。
昭和42年 展望病棟完成。
昭和45年(1970年) 整形外科、理学診療科、増設。
昭和49年 木造建物の半分を壊し、近代設備を有する鉄筋三階の本館を新築。
昭和50年 四代目院長、岡本禎三が就任する。
昭和54年 既存木造建物の残り半分を壊し、鉄筋三階の新館が竣工、本館と連結する。
昭和58年(1983年) 財団法人理事長(二代目)に岡本禎三が就任する。
昭和59年 五代目院長、泉 清高が就任する。
平成11年 療養病棟の認可。
平成12年(2000年) 療養病棟55床のうち28床を介護保険病床の申請認可。
平成15年 病床区分変更を申請認可・一般30床・療養55床(内介護28床)
平成21年 病床区分の変更申請・認可:一般30床・医療型療養55床(介護を廃止)
平成22年 六代目院長、相原康之が就任する。名誉院長に、泉 清高が就任。
平成22年 リハビリテーション専用施設増設、運動器等の治療・訓練を拡充。
平成24年(2012年) 移行認可を受け一般財団法人鎌倉病院に名称変更。
平成26年(2014年)七代目院長に泉 清高が就任。
平成27年 療養病棟内に地域包括ケア病床(12床)認可。
一般財団法人理事長(三代目)に前田章が就任する。
八代目院長に井上 馨が就任する。名誉院長に、泉 清高が就任。
平成28年 九代目院長に三松興道が就任する。
平成29年 病床区分の変更申請認可・療養43床のうち18床地域包括ケア病床。
【平成29年5月現在】